こすらないクレンジングを選ぶためのポイント

「石油系」界面活性剤が不使用のものを選ぶ!
肌に負担のかかる成分が無添加のものを選びましょう
化粧落としを使うにあたって、刺激となる成分は、石油系界面活性剤と、エタノール、パラベンのこの3つです。これらを配合していない化粧おとしを選ぶことで、肌に負担をかけずにメイクを落とす事ができます。石油系界面活性剤が配合されていなくても、メイクをしっかりと落とせる化粧落としはあります。

こすらずにメイクが落ちる成分を配合しているものを選びましょう
濃いアイメイクやポイントメイクなど、ゴシゴシこすると、肌に負担がかかります。特に目元は皮膚が薄く、こする事でシワの原因ともなります。ゴシゴシとこすらずに、なでるだけで落ちるような、そんな化粧落としを選びましょう。保湿成分などでメイクを浮かせて落とすタイプのものがおすすめです。

美容成分配合でスキンケアができるものを選びましょう
こすらないクレンジングは、肌になじませてメイクを浮かせるために、ある程度肌に乗せたままの状態をキープするものが多いです。できればその間を有効活用するために、肌に美容成分を浸透させたいので、美容成分が配合されているものがおすすめです。美容成分が配合されていて、スキンケア効果が高い化粧落としであれば、クレンジング後の肌も、しっとりツヤツヤになります。